ポーグスの種類と味やおすすめの飲み方をご紹介

アイリッシュ・パンクの代表的バンド ザ・ポーグスとアイルランドのウエストコーク蒸留所のコラボ「ポーグス」。ここではポーグスの味の特徴、そしてどんなウイスキーなのかをご紹介。

ウエストコーク蒸留所とは

2003年 ウエストコークのユニオンホールで創業。しかし2013年にはスキバレンに移転し2016年に第二工場も建設されました。

この蒸留所の珍しいところは、モルト、グレーン、ポッドスチルウイスキーの他にウォッカ、ポチーン、ジン、日本酒まで造られているそうです。

さらにロケットの愛称がついた初留釜は世界で最も蒸留スピードが速いんですね。

ウエストコーク蒸留所はアイルランドでは唯一、蒸留所内でモルティングを行っているんじゃ。
えのき先生
えのき先生

ポーグスの種類と味の特徴

ザ・ポーグスとウエストコーク蒸留所のコラボボトル「ポーグス」は第2弾まで販売されているんじゃよ
えのき先生
えのき先生

ポーグス ブレンデッドウイスキー(ブラックボトル)

ポーグス ブラックボトル

シェリー樽で10年熟成のシングルモルトとバーボン樽で7年熟成のシングルモルトにバーボン樽で4年熟成のグレーン・ウィスキーをブレンド。

滑らかで麦芽の風味がまず広がり、微かなスパイス感とダークチョコのような後味が感じられます。またナッツのような香ばしさと麦芽、アーモンドの香りだけでなく、ほのかに香る甘さが特徴です。

容量700ml・アルコール度数40度

ザ・ポーグス アイリッシュウイスキー 40度 700ml

ポーグス シングルモルト(レッドボトル)

ポーグス レッドボトル

スミレやラベンダーの香り。炒ったナッツの香ばしさと、かすかに塩味を効かせたチョコレートを思わせる甘い香り。

味わいは、ほのかなウッディーさとシナモンのスパイシーさ。チョコレートで覆われたピーナッツや胡麻菓子の風味。さらにヌガーやマシュマロの穏やかな甘みも感じられます。そして、シナモンスティックとキャラメルがもたらす深みがありつつもメロウな後味。

容量700ml・アルコール度数40度

ザ・ポーグス シングルモルト 700ml

ポーグスのおすすめの飲み方

ポーグスはストレート、ロック、トワイスアップがおすすめ。滑らかなアイリッシュらしい飲みやすさ、甘味からのスパイシーさが楽しめます。

もちろんハイボールにしても美味しく、ビターでスッキリとした味わいが食中酒としてもおすすめです。

どんな飲み方でも美味しいんじゃが、私はロックバンドコラボだけにロックが好きじゃのぉ。
えのき先生
えのき先生

ポーグスをおすすめする方

アイリッシュ・ウイスキーファンには非常におすすめで、1つの蒸留所で様々な原酒が造られるのが最近話題のバスカーと同じですね。

第1弾はブレンデッド、第2弾はシングルモルトという事で構成原酒をしっかりと楽しめるのも面白い。

非常に飲みやすく甘味とスパイシーさを感じられるので、ウイスキー初心者の方にもおすすめできます。

まぁ絶対外せないのはザ・ポーグス ファンはまず購入しても後悔はしないと思います。

えのき商店 STAFFより

ウエストコーク蒸留所の幅広いラインナップが面白いですね。日本酒まで造られているというのは調べてみて驚きました。

またザ・ポーグスというバンドはお恥ずかしながら私は存じ上げなかったのですが、2017年に発売されているアルバムが結成35周年記念ということで、1982年結成なの!

AppleMusicにあるのかな、調べてみようと思います。

 

キルホーマン・マキヤーベイ
グレンフィディック18年

初心者向けストレートならこれがオススメ!シングルモルト4選

中級者向けストレートで飲むおすすめシングルモルト6選

本日のおすすめ商品はこちら

榎商店の各店舗はこちら

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています