ザ・バルヴェニーの種類と味やおすすめの飲み方をご紹介

グレンフィディックの姉妹蒸留所としても知られるバルヴェニー。樽の使い分け・組合せで多彩なモルトを生産している。ここではバルヴェニーの種類やその味、オススメの飲み方からウンチクまでご紹介します。

ザ・バルヴェニーの歴史と蒸留所

グレンフィディック創業の5年後である1892年にグレンフィディック蒸留所に隣接して建てられたバルヴェニー蒸溜所。グレンフィディック蒸留所とは姉妹蒸留所ではあるが、水源は異なる。

現在もフロアモルティング製法を続け、9トンの大麦を7日~10日かけて発芽させている。

熟成樽の使い分けはスコットランドでも屈指で、バーボン樽、シェリー樽、ワイン樽、ラム樽などを組合せて熟成することで多彩なシリーズを少量生産している。

バルヴェニーはグレンフィディックと原料は同じであるが、水や製造方法、熟成を変えることで全くの別物になっているんじゃよ。
えのき先生
えのき先生

ザ・バルヴェニーの種類と味の特徴

グレンフィディックは軽くフレッシュであるのに対し、バルヴェニーは重厚でリッチ。
蜂蜜やオレンジの濃厚な風味も素晴らしい。
えのき先生
えのき先生

ザ・バルヴェニー12年 ダブルウッド

バルヴェニー 12年 ダブルウッド

バーボン樽で熟成させた後にシェリー樽に詰め替えて後熟させた「バルヴェニー12年 ダブルウッド」は洋梨やりんごそしてココナッツパウダー、オレンジ、蜂蜜の香りが次々と現れる。そしてバニラ・胡椒・ココアといったフレーバー。

甘さの中にも胡椒のようなスパイシーさもあり、フィニッシュはドライ。

容量700ml・アルコール度数40度

ザ・バルヴェニー 14年 カリビアンカスク

バルヴェニー 14年

オーク樽にて14年の熟成後、カリビアンラムの樽で後熟させています。
フルーツの風味と暖かい後味が感じられるシングルモルトです。

香りはクリーミーなトフィー、フルーティーな熟成香。味わいはバニラ、トロピカルフルーツ。フィニッシュは温かみのある、まろやかな余韻が長くつづく。

容量700ml・アルコール度数43度

バルベニー14年 ピートウイーク ヴィンテージ 2002年

バルヴェニー 14年 ピートウィークこちらは同じく14年のピートウイーク ヴィンテージ 2002年です。

容量700ml・アルコール度数48.3度

ザ・バルヴェニー15年 シェリーカスク シングルバレル

バルヴェニー 15年

バルヴェニー15年シングルバレルは酒齢15年もの1樽を厳選しボトリングしたもの。ポート樽由来の甘美で重厚なコク、フルーティな風味が豊かでよりリッチな味わい。

やわらかい口当たりでスムーズ、薄めた蜂蜜のようなやさしい甘味。

容量700ml・アルコール度数47.8度

ザ・バルヴェニー 17年 ダブルウッド

バルヴェニー 17年

辛さと深さを得るためにオーク樽で熟成した後、ヨーロッパのシェリー樽で数ヶ月費やして造られた逸品。バルヴェニー12年 ダブルウッドからさらに5年熟成させることで全く異なる風味に

容量700ml・アルコール度数43度

バルヴェニー21年 ポートウッド

バルヴェニー 21年 ポートウッド

シェリー樽で熟成した21年もののモルト原酒を厳選し、ポートワイン樽で後熟させています。

香りは甘い蜂蜜、シェリー、バニラ、牧草。味わいは口当たりはまろやか、バニラ、麦芽、シェリー感。長く豊かな後味が続きます。

容量700ml・アルコール度数40度

ザ・バルヴェニー 30年

バルヴェニー 30年

同蒸留所のモルトマスターのデイヴィッド・スチュアートが、30年以上熟成の最高のヴィンテージのバーボン樽とオロロソ・シェリー樽を長年の経験を活かして厳選し、ブレンド。

アプリコットティーや奥にあるピート感などが混然となりとても複雑で重厚。リッチでメロウ、普通ではない深さと複雑、芳醇な味わいの銘酒。最後まで複雑でバランスの良いまま、余韻は長い。

容量700ml・アルコール度数47.3度

ザ・バルヴェニーのおすすめの飲み方

バルヴェニーの濃厚でリッチな味わいはストレートがおすすめ。様々な樽を使用し熟成されているので、より複雑な味わいを楽しむ飲み方がいいでしょう

バルヴェニーは樽特有の風味をゆっくりと楽しんで欲しい。樽の組合せで起こる風味の変化や熟成期間での変化を楽しむには、やはりストレートがおすすめじゃな。
えのき先生
えのき先生

ザ・バルヴェニーの選び方

バルヴェニーの選び方としては、おすすめは価格的にも手を出しやすい「バルヴェニー12年 ダブルウッド」です。そして「バルヴェニー 12年 トリプルカスク」でさらに風味の変化を楽しんだり、「バルヴェニー 17年 ダブルウッド」で熟成での風味の変化を楽しめます。

バルヴェニーは樽をうまく組合せ風味を引き出している。グレンフィディックとの違いは勿論じゃが、樽での違いを飲み比べると面白い。
えのき先生
えのき先生

えのき商店STAFFより

バルヴェニーも非常に人気の銘柄です。
今回紹介した記事中にある「バルヴェニー 30年」は流石にスタッフも手が出せないほどの超高級ウイスキー。怖いもの見たさで覗いてみて下さい。

また最近ではシェリーカスクのものが人気で「ザ・バルヴェニー12年 ダブルウッド」・「ザ・バルヴェニー15年 シェリーカスク シングルバレル」は非常におすすめです。

品切れになりやすい銘柄ですので、再入荷通知や各ショップメルマガ、Twitter(@enokishouten)のフォローして頂けますと入荷情報等もアップしています。

最後にザ・バルヴェニーの解説動画を当店スタッフがYoutubeにアップしているので是非御覧ください。

ウイスキー 商品一覧はこちら