クレマン-ラムの種類と味やおすすめの飲み方をご紹介

マルティニーク産ラムの中でもフランス国内のみならず、世界各国でひときわ人気の高い「クレマン」。今回はクレマンの種類と味や特徴、そしてどんなラムなのかをご紹介。

クレマンとは

1887年に医師であり ル・フランソワ市長であったオメール・クレマンが砂糖のプランテーションを購入しアグリコール製法によるラムの生産を開始。

1970年代半ばにはヨーロッパや中南米、アメリカに市場が広がりますが、1987年にはクレマン家からアヨ家へと売却されますが、代々受け継がれた製法は守られています。

現在ではマルティニーク・ラムのリーダ的存在なんじゃ。
えのき先生
えのき先生

クレマン ラムの種類と味の特徴

先生
クレマン人気の10年と125周年記念ボトルを紹介しよう。

クレマン 10年

クレマン 10年

バーボンバレルにて10年間熟成。スパイスやドライフルーツを伴った驚くほど力強い香りとアーモンドやウッディフレーバーを感じる長いフィニッシュはラム愛好家にも納得の味わい。シガーとの相性抜群。

容量700ml・アルコール度数42度

クレマン10年 700ml アグリコールラム 42度

クレマン VSOP ジョンワンボトル

煎ったココア豆、シナモンやバニラの香り、スムーズで溶けるような喉ごしが特徴です。ストリート・アーティスト、ジョン・ワン氏がデザインしたスペシャルボトルです。

容量700ml・アルコール度数40度

クレマン VSOP 125周年記念 ジョン ワン ボトル 700ml ラム 40度

クレマン ラムのおすすめの飲み方

クレマンのおすすめの飲み方はやはりストレートが一番です。
特にクレマン10年ならバーボンバレルでの熟成感、力強い香りとアーモンドやウッディフレーバーが味わえます。

もちろんストレートだけでなくロックやソーダ割りでも美味しくいただけます。

飲み方によって香りの感じ方や味わいも変わるんじゃよ。
えのき先生
えのき先生

クレマン ラムの選び方

クレマン VSOP ジョンワンボトルはクレマン10年に比べ熟成感は落ちますが、なめらかでふくよかな味わいが楽しめます。

しかしおすすめはクレマン 10年。10年熟成の熟成感や力強さそしてバーボンバレルのスパイシーさを堪能してください。

えのき商店 STAFFより

クレマン10年は度数が42度となりましたが、この理由は「セラーマスターがより良いバランスを見つけたため」との事です。これまで10年を飲んできた方も度数が変更され、バランスが良くなったクレマン10年は気になるボトルと言えるでしょう。

世界中で非常に評価の高いマルティニーク産ラムのクレマン。ラム好きの方は是非飲んでみていただきたい銘柄です。

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/

ラム 商品一覧はこちら