ディーンストン 15年 テキーラカスクフィニッシュの特徴を解説

ディーンストン蒸留所の限定リリース「ディーンストン 15年 テキーラカスクフィニッシュ」。

今回はこのディーンストン 15年 テキーラカスクフィニッシュはどんなウイスキーかご紹介いたします。

ディーンストンについて

1965年に創業したディーンストンは元紡績工場の建物を利用し蒸留所としています。「天使の分け前」という映画のロケ地としても有名ですね。

オーナーは何度か代わりましたが、2013年にディステル社の傘下となっています。

ディーンストンのフラッグシップボトルである「ディーンストン12年」は夏の新鮮な干し草、シリアル、濃厚なクリーミーなタフィー、ヘザーハニー、甘いオークと大麦の香りに、フルーツ、柔らかなバニラ、滑らかでクリーミーな甘さが特徴です。

ディーンストン 15年 テキーラカスクフィニッシュの特徴

ディーンストン 15年 テキーラカスクフィニッシュ

ディーンストン 15年 テキーラカスクフィニッシュはコアでフルーティーでナッツのモルトにオークのバニラと甘いアガベのおいしいノートを付加しています。

テイスティングノート

香り:熟したパイナップル、クレームブリュレ、ミックスナッツ、ライトオークのノート。
味わい:カラメルアガベ、トーストしたアーモンド、カスタードと温かいスパイスの焼きりんごの風味。
余韻:茶色のスパイスと甘い柑橘類のバーストで長いフィニッシュ。

おすすめの飲み方

おすすめの飲み方はストレート、ハイボール。

甘味を強く感じるストレート。柑橘の香りとサッパリとビターでいてほんのりとした甘さを感じるハイボール。食中にハイボールで飲んで、食後にストレートや少量の加水で楽しみましょう。

榎商店STAFFより

ディーンストン 15年 テキーラカスクフィニッシュもAmazonや楽天では稀に見かけることがありますが、ディーンストンの限定版は日本での流通量は少なく入手難易度は高いです。

補足として
香り:トロピカルフルーツ、バニラクリーム、カラメルナッツ。
味わい:トーストしたナッツ、マジパン、バニラ、リンゴ、キャラメル、リュウゼツラン。ベーキングスパイスと焦げた砂糖、ピリッとした砂糖漬けのオレンジ、シナモン、ビスケットモルト。

さらに詳しく情報を見たい方はディーンストンオフィシャルのページリンクを掲載しておきます。

榎商店でもディーンストンの様々なボトルについて何か情報が入りましたらX(旧Twitter)でお知らせいたしますので、よろしければ榎商店X(旧Twitter)アカウントのフォローをよろしくお願いします。

 

キルホーマン・マキヤーベイ
グレンフィディック18年

初心者向けストレートならこれがオススメ!シングルモルト4選

中級者向けストレートで飲むおすすめシングルモルト6選

本日のおすすめ商品はこちら

榎商店の各店舗はこちら

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています