ブラックニッカディープブレンドとナイトクルーズを飲み比べ

ブラックニッカディープブレンド購入したので、ナイトクルーズと飲み比べをしてみることにしました。類稀な先にナイトクルーズを入手しちゃうという荒業でしたので、どれだけ違うのか楽しみです。

ブラックニッカディープブレンドとナイトクルーズ ストレート比較

ブラックニッカディープブレンドとナイトクルーズ ストレート比較

まずは香りですが、やわらかい甘い香りがきます。通常のディープブレンドの方はバニラに近い感じで、ナイトクルーズの方は少し香ばさを感じるのでキャラメルのほうが近いかな。ピート感、スモーキーさはどちらもあまり感じません。

味わいは通常版の方はバニラ・蜂蜜といった甘さとビター感、そしてほんの少しのピートも感じます。ナイトクルーズの方は味わいもキャラメルが近いかな。そして柑橘系の酸味、フィニッシュにはピートとスモーキーさが現れます。

もともとのベースは同じで、ナイトクルーズには余市のヘビーピートモルト原酒、宮城峡のカフェグレーン原酒が足されているという事で、特に余市のピート感が味わいの中でハッキリと違いが感じられました。

ブラックニッカディープブレンドとナイトクルーズ ハイボール比較

ハイボールにした際にはどちらともビターさが結構でます。そしてナイトクルーズはスモーキー感が結構感じられるようになりますね。

両方ともまず甘味が感じられ、ビターチョコから余韻でスモーキーという感じかと思います。両方非常に美味しいですね。

ただナイトクルーズの方がいずれも顕著に感じられるというか、特にスモーキーさはかなり違うと思います。

どちらが好みだったか

どちらが好みかと聞かれれば「ナイトクルーズ」なんですが、通常のブラックニッカディープブレンドも非常に素晴らしいと感じました。常飲用として多くの方がストックされているのがうなずけますね。

ただナイトクルーズは、「ディープブレンドの特徴を少しずつ一歩先をいっている」という感じです。

惜しむべきはナイトクルーズは限定ボトルなので、もう入手が非常に難しいという事ですね。だからといってディープブレンドに余市とカフェグレーンをブレンドしてみるというのは乱暴ですし、もったいない。

またニッカウヰスキーにナイトクルーズ級の限定ボトルをリリースしていただくことを期待しましょう。ただ、あるトコにはあるかも。

ウィットリーニール
chivasregal-18

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/