3000円台で買えるおすすめシングルモルト8銘柄(スコッチ)

ジョニーウォーカーやバランタインそしてシーバスリーガル等のブレンデッドスコッチを飲み美味しいと感じた方はシングルモルトへとステップアップかと思います。

シングルモルトと言ってもスコッチとジャパニーズがあり、銘柄で言えば途方もない種類があります。

そこで今回の記事は3000円台で購入できるシングルモルトの中でおすすめの銘柄をピックアップしてご紹介致します。

ザ・グレンリベット 12年 (700ml 40度)

グレンリベット 12年

ザ・グレンリベットはスコッチのシングルモルトの売上1,2を競う銘柄でその飲みやすさは万人向けのスコッチでありウイスキー初心者にもおすすめとしてよく紹介されています。

ザ・グレンリベット 12年の特徴は、アメリカン・オークやヨーロピアン・オークなどの樽で熟成されます。青りんごのようなクリーンなアロマにバニラ・蜂蜜の芳醇な甘さの中に少し苦味を感じる。

とてもスッキリしたウイスキーです。

飲み方はストレートもしくはトワイスアップがおすすめです。

ザ・グレンリベット ファウンダーズリザーブ (700ml 40度)

グレンリベット ファウンダーズリザーブ

ザ・グレンリベット ファウンダーズリザーブの特徴は、首が長く釡の幅が広いランタン型ポットスチルから生まれるクラシカルなフルーティーフレーバーを、アメリカンオークのファーストフィルで熟成された原酒が持つクリーミーな甘さが引き立てる、とびきりスムースで完壁なバランスを実現。

飲み方はストレートもしくはトワイスアップがおすすめです。

グレンフィディック12年 (700ml 40度)

グレンフィディック 12年

グレンフィディックはザ・グレンリベットとスコッチ売上No.1を競い合う銘柄です。

こちらも非常に飲みやすく初心者によくおすすめされる銘柄。

長期熟成は上級者ファンも多く、コスパも良い。

グレンフィディックの特徴はアメリカンオークとスパニッシュオークの樽で最低12年間熟成し、新鮮な洋梨のようなフルーティな香りと、微量の樽香がもたらす複雑で上品な味わいが特長のウイスキーです。

飲み方はストレート、トワイスアップ、ハイボールがおすすめ

グレンモーレンジィ オリジナル (700ml 40度)

グレンモーレンジ オリジナル

ハイランドを代表するシングルモルトであり、本場スコットランドで最も売れているシングルモルトです。樽熟成したウイスキーを別の樽に移し替えて後熟させたパイオニア的存在。

その基本となるグレンモーレンジ オリジナルの評価も非常に高い。

クリーミーなバニラが舌を滑り、口の中でピーチとクリーム、マンダリンとレモンがはつらつと感じられます。柑橘系のさわやかな口当たりがハイボールに非常に合う銘柄です。

飲み方はストレート、ロック、ハイボールがおすすめ

ボウモア レジェンド (700ml 40度)

ボウモア レジェンド

アイラの女王と呼ばれるアイラモルト初心者必須の銘柄。

ボウモアらしいスモーキーなピート香に、やさしい潮風を想わせます。

ライトな味わいから広がる後味が非常にスモーキーで、若いわりにしっかりとした味わいが感じられる。口に含むと、レモンピールとほのかなはちみつを感じる、豊かで複雑な味わいです。

ストレート、ロックがおすすめ。

クラガンモア 12年 (700ml 40度)

クラガンモア 12年

ジョニーウォーカー グリーンラベルやオールドパーの構成原酒の1つとしても有名なクラガンモア。スペイサイドモルトの特長がよく出ている、エレガントで厳粛な味わい。

クラガンモア12年の特徴として、極めて複雑な香りと味わいの秘密は、上部の平らなポットスチルを採用したことで生まれたものです。花や果物の香りと、甘くウッディなスモーキーさが際立ち、洗練さと複雑さを兼ね備えています。

飲み方はロックがおすすめ。

ノッカンドゥ 12年 (700ml 43度)

ノッカンドゥ 12年

スペイサイドの中でも特にデリケート、フルーティで繊細な味わい。砂糖の甘い香り、クリームっぽさといたかなり甘めの風味。

飲み込むとその甘い香りがスーッと消えていくんじゃ。

スムーズではありますが、花のような香り、ナッツのような香り、そしてかすかなスモーキーさが何層にもなって複雑に絡み合います。

飲み方はロック、トワイスアップがおすすめ

オーヘントッシャン 12年 (700ml 40度)

オーヘントッシャン 12年

オーヘントッシャンはライトな香りと軽いボディが特徴。

フルーティでかすかに甘味を含みながらオイリー感もある。

クセがなくマイルドで、食前や食中にぴったりのライト・ボディで、フレーバーもライトですが、風味に欠けることのない、まさにローランドを代表するモルト。

飲み方はロック、トワイスアップがおすすめ

アイル オブ ジュラ 10年 (700ml 40度)

アイルオブジュラ 10年

アメリカンホワイトオークのバーボン樽+オロロソシェリー樽フィニッシュ。

バーボン樽熟成によってもたらされるバニラやリンゴの香りが、グラスの中で広がります。

初めは柔らかいピート香、コーンフレーク、ネクタリン、豊かなバニラと柑橘の香り。

飲み方はストレートがおすすめ。

[ボトラーズ]フィンラガン オリジナル ピーティー (700ml 40度)

フィンラガン オリジナルピーティ

フィンラガンは「ザ・ヴィンテージ・モルト・ウイスキー社」によって瓶詰めされた所謂ボトラーズ銘柄です。

香りは強烈なヨード香、そしてピート香。味わいはスモーキーで独特の塩辛さの中にフルーティでエレガントな味わい。

飲み方はロック、トワイスアップがおすすめ。

榎商店スタッフの真のおすすめは

今回合計で10種類を紹介しましたが、蒸留所単位で8銘柄とさせていただいて、ボトラーズは番外編的な位置づけにしています。

今回紹介した中で特におすすめのものを上げるならば、フルーティなものが好み方はグレンモーレンジィ オリジナル、スモーキー系が好きならボウモア レジェンドです。

ボウモアのコスパの良さは圧巻なのですが、やはりヨード香が苦手な方にはおすすめし難い、グレンモーレンジィは飲みごたえも爽やかさも素晴らしい銘柄なのでグレンモーレンジィオリジナルが一押しかな。

実際には今回紹介した銘柄いずれもシングルモルト初心者どころか、ウイスキー初心者におすすめできる銘柄で、全てハイボールで飲んでも非常に美味しいです。

ブレンデッドに慣れてきてシングルモルトを選んでいる方、そもそもウイスキーを購入するのが初めての方も後悔しない銘柄だと思います。

こちらも読まれています

ウイスキー 商品一覧はこちら