ヘーゼルバーンの味やおすすめの飲み方をご紹介

スプリングバンク蒸留所で造られるノンピーテッド「ヘーゼルバーン」。今回はヘーゼルバーンの味や特徴、そしてどんなウイスキーなのかをご紹介。

ヘーゼルバーンの歴史と蒸留所

詳細は以前スプリングバンクの紹介で掲載していますので割愛してざっくりと紹介します。

スプリングバンク蒸留所は1828年に創業されたキャンベルタウンにある蒸留所です。キャンベルタウンには現在3箇所の蒸留所が稼働しておりスプリングバンク蒸留所、グレンスコシア蒸留所、グレンガイル蒸留所となっています。

スプリングバンク蒸留所ではピートレベルの異なる3つの銘柄がりりーすされていて、フェノール値が50ppmのロングロウ、12~15ppmのスプリングバンク、0ppmのヘーゼルバーンです。

ヘーゼルバーンはスプリングバンク蒸留所での生産量の2割程度なんじゃ。
えのき先生
えのき先生

ヘーゼルバーンの種類と味の特徴

ヘーゼルバーンは直ぐに売り切れるんじゃが。幾つか紹介しよう。
えのき先生
えのき先生

ヘーゼルバーン10年

ヘーゼルバーン 10年

ヘーゼルバーン10年は100%バーボン樽熟成で洋梨、アップルパイ、蜜蝋、キャラメルのような香り。味はバニラ、蜂蜜の芳醇な甘さに甘草、オレンジピールの心地良いスパイスで、クリーミーなミルクチョコレートのアフターへと繋がります。

バニラの味わいの中に少し塩っぱさも感じられます。

容量700ml・アルコール度数46度

ヘーゼルバーン 13年 リミテッドエディション

ヘーゼルバーン-13年-リミテッドエディション

13年以上熟成したバーボン樽原酒75%とシェリー樽原酒を25%を使用した限定商品。

レモンチーズケーキ、バニラ、シトラス、ビスケット、ハチミツ、若草の香り。熟したリンゴとピーチ、バニラ、ハチミツ、オレンジ、リコリス、アニスシード、デーツの味わい。

容量700ml・アルコール度数48.6度

ヘーゼルバーンのおすすめの飲み方

ストレート カクテル

ヘーゼルバーンのおすすめの飲み方はストレート、ロック、ハイボールがおすすめです。

中でもストレートが一番のおすすめ、ノンピートでクセがなく甘みと酸味、そしてスパイシーさを楽しんでください。

ストレートだと若干の出汁っぽさが感じられて美味しいんじゃ。
えのき先生
えのき先生

ヘーゼルバーンをおすすめする方

ヘーゼルバーンをおすすめする方は、スプリングバンクを飲んでノンピートなものを試してみたいという方がおすすめです。

キャンベルタウンのシングルモルトは一通り飲んでみたいですよね。特にスプリングバンク、ロングロウを持っている方は合わせて飲み比べもしてみたいボトルです。

えのき商店 STAFFより

ノンピートでインパクトが薄れるかと思いきや、それ以上のバニラ、蜂蜜の甘みとオレンジピールの酸味と樽のスパイシーさが美味しくクリミーな口当たりと共に楽しめます。

またバーボン樽熟成でヘーゼルバーンの特徴がより感じられます。

スプリングバンク蒸留所のノンピートタイプという事で一度は飲んでみて欲しい銘柄の一つですね。

ウィットリーニール
chivasregal-18

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/

ウイスキー 商品一覧はこちら