コスパだけじゃないジョニーウォーカーの高級ボトル3選

コスパ最強の呼び声も高い、世界で一番売れてるスコッチ「ジョニーウォーカー」。安価で手軽に自宅で楽しめる印象がありますが、超高額ボトルあるんです。今回はジョニーウォーカーの高級ボトルを3つご紹介します。

その前に近年のジョニーウォーカー

ジョニーウォーカーといえば世界で一番売れてるスコッチで「ジョニ赤」「ジョニ黒」といった安価で凄く美味しい、そうコストパフォーマンスに優れた銘柄でも有名です。

また限定ボトルも数多くリリースされていて、最近SNSで話題になったのは「ジョニーウォーカー のワインカスク」が「1000円台でこの美味しさ」と呟かれてましたね。

流石コスパの良いジョニーウォーカーです。

またジョニーウォーカーブラック12年のオリジンシリーズ。今流通しているスペイサイドオリジンも非常に好評なのですが、ファンが待ち望むのはやはり「アイラオリジン」。

これにはSTAFFも期待しています。

他にはハイランド・ローランドありますね。いずれも高いもので3000円台程度で楽しめるのですから、やはりコスパが良い。

でももっと凄いのは安さだけでなく高級ボトルにあるんです。

ジョニーウォーカー ブルーラベル

ジョニーウォーカー ブルーラベル

そのあまりの高品質さに世界で4000本しか生産されない逸品。1本づつシリアルナンバーと証明書がつけられています。

香りはブラウンシュガーの甘さの中に、焙煎したコーヒー豆や煙草に似たスモーキーさを感じる。味わいはバニラクリームやダークチョコレートの芳醇な味わいと、ほのかなオーク樽、ピートのスモーキーさ。

ジョニーウォーカーの高級ボトルと言えばブルーラベルを思い浮かべる方も多いはずです。

容量750ml・アルコール度数40度

ジョニーウォーカー キングジョージ5世

ジョニーウォーカー キングジョージ

ジョニーウォーカーに「英国王室御用達」の 許可証を与えたイギリス国王ジョージ5世の 在位期間に創業していた蒸留所の原酒のみを、 当時の製法のままにブレンドした夢のウイスキーです。

香りは甘美なフルーツが、その奥にある蜂蜜のトーンを引き立て、ウッドと、軽くて甘い西海岸特有のスモーキーさの長い余韻。味わいは華やかさのあとに、スモーキーさの余韻が残る。

外見も専用のクリスタルボトルに収まっており、 まさにブレンデッドスコッチの王様と呼べる1本です。

容量750ml・アルコール度数43度

ジョニーウォーカー ゴースト&レア ポートエレン

ジョニーウォーカー ゴーストアンドレア

ジョニーウォーカー・ブルーラベルの限定シリーズ「ゴースト・アンド・レア」シリーズ第2弾。

1983年に閉鎖後、2020年の再開を目指して目下再建中のポート・エレン蒸溜所のモルト原酒をキーモルトに、同じく1983年に閉鎖されたカースブリッジ蒸溜所と1988年に閉鎖されたカレドニアン蒸溜所のグレーン原酒を使用しています。

これら3つの閉鎖蒸溜所の残存原酒に加え、モートラック、ダルユーイン、クラガンモア、ブレア・アソール、オーバン各蒸溜所のモルト原酒をブレンドした物となっております。

容量700ml・アルコール度数43.8度

ジョニーウォーカー好きなら一度は飲んでみたい

普段飲みでジョニ赤、ジョニ黒そして数量限定物とジョニーウォーカーを愛してやまないファンも多いと思います。

皆が思うのは一度は「ジョニーウォーカーブルーラベル」を飲んでみたいと!

しかしさらにトンデモ価格のキングジョージ5世、ゴースト&レア ポートエレン。どうにか飲む方法はないのかと日々妄想しております。

ちなみに最高級ボトル「ゴースト&レアシリーズ」の解説を当店スタッフがYoutubeにアップしてますので、是非ご覧になって下さい。

こちらも読まれています

ウイスキー商品一覧