ティモラス-ビースティの味やおすすめの飲み方をご紹介

ハイランドモルトだけをブレンドして造られる『ティモラス ビースティ』。程よい甘みが特徴のブレンデッドモルトです。今回はティモラス ビースティの種類、味の特徴や飲みながら話せるウンチクなどをまとめてみます。

ティモラス ビースティの歴史や原酒

ティモラス ビースティはダグラスレイン社の生産量限定のブレンデッド・モルト。ハイランドモルト数種類をヴァッティングしています。

原酒はブレアアソール、 ダルモア、グレンゴイン、 グレンギリー、その他となっています。

ティモラス ビースティのラベルに描かれているのはネズミですが、作家ロバート バーンズの作品「二十日鼠へ」に登場する、小さくて臆病な野鼠からティモラス ビースティ(かよわきケモノ)という意味になっているそうです。

ティモラス ビースティを販売している「ダグラスレイン社」は国内外で高い評価を受けるウイスキーボトラーズなんじゃ。
えのき先生
えのき先生

ティモラス ビースティ種類と味の特徴

ティモラス ビースティにはノンエイジ、10年、12年カスクストレングス、21年 シェリーエディションと様々なボトルがリリースされているが、今回はノンエイジと10年の紹介をしよう。
えのき先生
えのき先生

ティモラス ビースティ

ティモラス ビースティ

はちみつの甘さのあとにスパイシーな刺激、そこからビターな余韻が続きます。フローラルな香りと後味で感じるウッディさ、上品な甘みとハイランドらしさを感じるボトルですね。

容量700ml・アルコール度数46度

ティモラス ビースティー 46.8% 700ml

ティモラス ビースティ 10年

シロップ漬けの桃、ブラウンシュガー、オーク樽由来のバニラ香が感じられる。口に含むと、ドライアップル、カスタードクリーム、ハニカム、ミルキーなシリアルの風味が口いっぱいに広がり、いつまでも続くジューシーなフィニッシュへとつながる。

容量700ml・アルコール度数46.8度

ティモラス ビースティ 10年 700ml ブレンデッド スコッチ ウイスキー 46.8度

ティモラス ビースティのおすすめの飲み方

ストレート カクテル

ティモラス ビースティのおすすめの飲み方はストレート、ロック、ハイボールがおすすめです。甘みとフローラルさ、余韻で感じるスパイシーなビター感をいずれも感じることが出来ます。

チーズ料理との相性が良く、ハイボールで食中酒として楽しんで!

チーズを食べながらのストレートは格別に美味しいんじゃよ
えのき先生
えのき先生

ティモラス ビースティの選び方

ダグラスレインのリマーカブルリージョナルモルトシリーズはスコッチの地域ごとに特徴的な ブレンデッドモルトがリリースされています。アイラ島であればビッグピート、スペイサイドであればスカリーワグというように、このティモラス ビースティはハイランドの特徴を知ることが出来る銘柄です。

ノンエイジと10年熟成ではティモラス ビースティは10年の方がおすすめじゃ
えのき先生
えのき先生

えのき商店 STAFFの意見

今回紹介したティモラス ビースティは人気のブレンデッドモルトです。
スコッチを飲み始めた方に、地域の特徴を知るためでも凄くおすすめのボトルです。

ハイランドモルトに興味を持ったらティモラス ビースティはおすすめです。

ウィットリーニール
chivasregal-18

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/

ウイスキー 商品一覧はこちら