レッドブレスト 12年 カスクストレングスの特徴を解説

レッドブレストからカスクストレングスリリース「レッドブレスト 12年 カスクストレングス」。

今回はこのレッドブレスト 12年 エングレイヴドはどんなウイスキーかご紹介いたします。

レッドブレストについて

レッドブレストはミドルトン蒸留所で造られていて、創業は1825年。他にもジェムソンを造っている蒸留所としても知られていますね。

ミドルトン蒸留所ではモルトウイスキー、ポッドスチルウイスキー、グレーンウイスキーが生産されています。年間生産量はグレーンを合わせると6500万リットル近くです。

レッドブレストのフラッグシップボトルである「レッドブレスト 12年」はミドルトン蒸留所のピュア・ポッドスチルで3回蒸溜された原酒を12年間熟成。

香りははっきりとしたトーステッドウッドの香りが伴う、スパイシーでフルーティーな複雑なアロマ。味わいは豊かな風味と複雑さ。スパイシー、クリーミー、フルーティー、シェリーそしてトーステッドノートの絶妙なバランスが特徴。

レッドブレスト 12年 カスクストレングスの特徴

レッドブレスト 12年 カスクストレングス

麦芽と未麦芽の大麦のマッシュから作られ、銅ポットスチルで3回蒸留。アメリカンオークバーボン樽とスパニッシュオークオロロソシェリー樽を使用しています。

テイスティングノート

香り:柑橘類が少し入った多肉植物のエキゾチックな果物で、ドライアプリコットとサルタナの深いノートを補完します。スパイスの盛り合わせとトーストした木材の注入。
味わい:豊かで、完全に丸みを帯び、まろやかで、甘美なフルーツとスパイス。バニラの甘さとオークのタッチ。
フィニッシュ:フルーツとスパイスの洗練された組み合わせで満足のいく長さは、ゆっくりとトーストしたオーク、そして大麦。

おすすめの飲み方

おすすめの飲み方はストレート、ハイボールがおすすめ。

濃厚な風味。飲みごたえ抜群のカスクストレングスはストレートでこそ味わいの本領を発揮します。とはいえアルコール度数が高いので少しずつ加水して飲むのもOK。

ハイボールにしても濃厚な味わいが楽しめますね。

榎商店STAFFより

レッドブレスト 12年 カスクストレングスは、日本市場も見かけることが出来ますね。

補足としていくつかのシェリーのキャラクター、ドライフルーツ、オークのスパイス、砂糖漬けのオレンジの皮。味わいはシルキーな口当たり、フルーツケーキ、スパイスアップルコンポート、トーストしたバニラマシュマロ。余韻には暖かいオークに、ベーキングスパイス。

榎商店でもレッドブレストの様々なボトルについて何か情報が入りましたらX(旧Twitter)でお知らせいたしますので、よろしければ榎商店X(旧Twitter)アカウントのフォローをよろしくお願いします。

レッドブレスト 12年 カスクストレングス 700ml 58.1度

 

キルホーマン・マキヤーベイ
グレンフィディック18年

初心者向けストレートならこれがオススメ!シングルモルト4選

中級者向けストレートで飲むおすすめシングルモルト6選

本日のおすすめ商品はこちら

榎商店の各店舗はこちら

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています