ウッドフォードリザーブの味やおすすめの飲み方をご紹介

ケンタッキー州最古の蒸溜所が創り出すスーパープレミアムスモールバッチバーボン。ここではウッドフォードリザーブの種類やその味、オススメの飲み方からウンチクまでご紹介します。

ウッドフォードリザーブの歴史と蒸留所

ケンタッキー州最古の蒸留所オールド・オスカー・ペッパー蒸留所から1973年に一度閉鎖されたものの、1994年に再建計画がスタートし2003年に現社名に変更されました。

再建スタート時にバーボンでは唯一の銅製のポッドスチルが採用されています。スモール・バッチ・バーボンとしても有名で少量生産が続けられています。

ウッドフォードリザーブは毎年5月に開催されるケンタッキーダービーのオフィシャルボトルになっています。

ちなみに毎年異なるラベルデザインのコレクターも多いんじゃ。
えのき先生
えのき先生

ウッドフォードリザーブの種類と味の特徴

ウッドフォードリザーブの一番の特徴は甘すぎず軽すぎずゆっくりと楽しめるんじゃ。
えのき先生
えのき先生

ウッドフォードリザーブ

ウッドフォードリザーブ

ウッドフォードリザーブ蒸溜所のマスターディスティラーが創り出す、アルコール度数43度のスーパープレミアムスモールバッチ(少量生産)バーボンです。

香りは蜂蜜をかけた焼きリンゴ、ダークチェリー、パン。味わいはドライチェリー入りのパン、オレンジの皮、ビターチョコ、蜂蜜、焼き栗。

容量700ml・アルコール度数43度

ウッドフォードリザーブのおすすめの飲み方

ロック カクテル

ウッドフォードリザーブのおすすめの飲み方はロック。氷が溶ける味わいの変化をゆっくりと楽しむのに向いています。

またストレートで飲んでもアルコール感はそれほどでもないので飲みやすく、オレンジピールやバニラの香りが心地よい。

ロックでもストレートでも非常に美味しく飲めるので、自分の好みで楽しむんじゃよ。
えのき先生
えのき先生

ウッドフォードリザーブの選び方

ウッドフォードリザーブを飲んだことがない方やバーボン初心者の方でも非常に飲みやすい銘柄です。突出した特長(クセ)がないので多くの方が楽しめます。

また他のバーボンと飲み比べてみると、ウッドフォードリザーブのほんのりとした甘みをより感じる事ができるでしょう。

先生
バーボン初心者でも飲みやすい。逆にクセがあり銘柄が好きという方には向かないんじゃ。

えのき商店STAFFより

ウッドフォードリザーブには「ケンタッキーダービーグラスボックス」というグラスとセットのものがあります。こちらは毎年デザインを一新して発売するケンタッキーダービー記念ボトルなので、コレクターにおすすめ。

現在販売されている2020年もラベルにイラストを施しており、今年だけの特別なデザインです。

ウッドフォードリザーブ-ケンタッキー

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/

ウイスキー 商品一覧はこちら