ROE & CO ロー アンド コーの種類と味やおすすめの飲み方をご紹介

アイルランドのカクテル文化をリードする5名のバーテンダーが監修し造られた「ROE & CO ロー アンド コー」。今回はROE & CO ロー アンド コーの種類や味の特徴、そしてどんなウイスキーなのかをご紹介。

ROE & CO ロー アンド コーの歴史

ROE & CO ロー アンド コーはプレミアム ブレンデッド アイリッシュウイスキーで、アイリッシュウイスキー黄金時代のウイスキーメーカーだったジョージ・ローに敬意を込め名付けられたそうです。

ROE & CO ロー アンド コーはカクテルにしてもウイスキーらしさが活かせるアイリッシュウイスキーをとアイルランドのカクテル文化をリードする5名のバーテンダーがバーテンダーのために造った銘柄なんです。

カクテルを作るのに最適なアイリッシュウイスキーとして、ハイボールにも凄く合い、アイリッシュらしさが感じられるんじゃな。
えのき先生
えのき先生

ROE & CO ロー アンド コーの種類と味の特徴

ROE & COのオフィシャルで紹介されているいくつかのボトルを紹介しよう。
えのき先生
えのき先生

ROE & CO ブレンデッド

ROE & CO ブレンデッド

モルトの強烈なフルーティーさとグレインウイスキーのまろやかなクリーミーさの完璧な調和を持つ豪華で滑らかなブレンド。

クリーミーなバニラの味わいがフルーティさや、ほのかなスパイシーさと調和し驚くほど深みがあり、きめ細かく滑らかな口当たりが特徴。

容量700ml・アルコール度数45度

ロー アンド コー 45度 700ml

ROE & CO キュレーターシリーズ01

ROE & CO キュレーターシリーズ01

元バーボンカスクモルトウイスキーを多用して使用し、Roe&Coのスパイシーな果樹園の果実と砕いたゴースの花に続いてカカオ。フィニッシュには、ハニークリームのノート。信じられないほどの口当たりを提供します。

容量700ml・アルコール度数46度

ROE & CO キュレーターシリーズ02

ROE & CO キュレーターシリーズ02

さわやかな緑の果樹園の果実のノート、柔らかくまろやかなバタースコッチ。穏やかなスパイスで長引くフローラルノートのバランスの取れた仕上がり。

容量700ml・アルコール度数46度

ROE & CO ロー アンド コーのおすすめの飲み方

ROE & CO ロー アンド コーのおすすめの飲み方はハイボールです。カクテル用に開発されたROE & CO ロー アンド コーはハイボールにすると抜群の美味しさを発揮します。

炭酸水だけでなくトニックウォーターでもお試しください。

またアイリッシュコーヒーもこれからの季節には非常におすすめ。夜にゆっくりと飲むROE & COのアイリッシュコーヒーで至福の時間をお過ごしください。

ハイボールに凄く合うので食中にもいいし、アイリッシュコーヒーでゆっくりと優雅に楽しむのもいいのぉ
えのき先生
えのき先生

ROE & CO ロー アンド コーをおすすめする方

ジェムソンやBUSKERといったアイリッシュウイスキーが好きな方は勿論ですが、ハイボールをよく飲まれる方におすすめのボトル。

アイリッシュらしさとカクテル用に造られた、カクテルにしてもアイリッシュウイスキーをしっかりと感じられる味わいが最高ですね。

えのき商店 STAFFより

ROE & CO ロー アンド コーは数々の賞を受賞していて、2022年には「ドリンクス インターナショナル ブランド レポート 7位 ベストセリング アイリッシュウイスキー 2022」に選ばれています。

ディアジオ ジャパンから日本に初上陸ということで、これまで飲めなかったアイリッシュウイスキーの銘柄を楽しめるのは嬉しいですね。

スコッチやジャパニーズの価格高騰は寂しいですが、こうした新しいウイスキーとの出会いも楽しみましょう。

 

キルホーマン・マキヤーベイ
グレンフィディック18年

初心者向けストレートならこれがオススメ!シングルモルト4選

中級者向けストレートで飲むおすすめシングルモルト6選

本日のおすすめ商品はこちら

榎商店の各店舗はこちら

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています