ティーリング15年ブレンデッドウイスキー 麦・焼酎カスクの特徴を解説

アイリッシュ ティーリングの新しい限定シリーズ エクスプローラーズ の第1弾は 15年熟成日本産麦焼酎カスクフィニッシュ「ティーリング15年ブレンデッドウイスキー 麦・焼酎カスク」がリリースされます。

今回はこのティーリング15年ブレンデッドウイスキー 麦・焼酎カスクはどんなウイスキーかご紹介いたします。

ティーリングについて

クーリー蒸留所の元オーナーであるジョン・ティーリング氏がハンドクラフト&スモールバッチのアイリッシュウイスキーを作るために新たに2012年に設立。そして2015年に完成したのがティーリング蒸留所です。

ティーリングのフラッグシップボトルである「ティーリング シングルモルト」はメロン、イチジク、タフィー、レモンのアロマ。ドライフルーツ、柑橘類、バニラ、スパイス、クローブの香りを放ちます。 フィニッシュは、乾燥した木のタンニンと調和した甘さが長く続きます。

エクスプローラーズ エディションとは

エクスプローラーズの名前の通り冒険者の意味で、新しくてユニークなアイリッシュウイスキーを造るというティーリングの先駆者としてのポリシーを表現すると共に、過去に祖国アイルランドの為に世界を飛び回った冒険者たちに敬意を表したシリーズとなっています。

ティーリング15年ブレンデッドウイスキー 麦・焼酎カスクの特徴

ティーリング15年ブレンデッドウイスキー 麦・焼酎カスク

15年熟成のアイリッシュウイスキー(ブレンデッド)、で最後の4年間は日本産麦焼酎樽でフィニッシュをかけ、18,000本限定でリリース。

テイスティングノート

香りはアップルキャンディ、ライチ、ジャスミンティーに口を包むような柔らかいバニラの甘み、フルーツの洋菓子とスパイス、味はライチとパッションフルーツが弾け、煮込んだ洋梨とジンジャーブレッドのクッキー&ゴールデンシロップ、フィニッシュは甘くて柔らかく、ソフトな樽のタンニン、ドライフルーツ、最後はすっきりして爽やか。

おすすめの飲み方

おすすめの飲み方はストレート、ハイボールがおすすめ。

ストレートの美味しさは勿論ですが、ハイボールにしてもしっかりと感じるフルーティさとやわらかな甘味が心地よく爽快に楽しめますね。

榎商店STAFFより

アイリッシュウイスキーの人気もさらに高まっている現在、ティーリングは非常におすすめの銘柄の1つです。

補足として
香り:カフェオレ、バニラ、奥にパイナップルキャンディー。
味わい:カフェオレ、バニラクッキー、パイナップル、ジンジャー。
フィニッシュ:ソフトですっきりビターなキレの良さ。

榎商店でもティーリングの様々なボトルについて何か情報が入りましたらX(旧Twitter)でお知らせいたしますので、よろしければ榎商店X(旧Twitter)アカウントのフォローをよろしくお願いします。

ティーリング 15年 エクスプローラーズ ブレンデッドウイスキー 麦焼酎カスクフィニッシュ 700ml 46度

 

キルホーマン・マキヤーベイ
グレンフィディック18年

初心者向けストレートならこれがオススメ!シングルモルト4選

中級者向けストレートで飲むおすすめシングルモルト6選

【2/9更新】本日のおすすめ商品はこちら

榎商店の各店舗はこちら

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています