ザ・グレンリベット12年とイリシットスティルを飲み比べ

通常のザ・グレンリベット12年と話題のザ・グレンリベット12年イリシットスティルを飲み比べしてみました。写真にキルホーマンが写っているのは、この日飲んだという事です。

では早速飲み比べした感想をまとめていきます。

ザ・グレンリベット12年とイリシットスティル ストレート比較

ザ・グレンリベット12年とイリシットスティル ストレート比較

まずは香りですが、スタンダードのザ・グレンリベット12年は洋梨、蜂蜜という甘さです。そこに柑橘系のフルーツ香もありますね。イリシットスティルの方はスタンダードよりも柑橘感が強い気がしますね。パイナップルや青りんごという感じでしょうか、甘味も強くバニラ香ですね。

香りの強さもイリシットスティルの方が強く感じられます。ただこれに関してはイリシットスティルは開栓してすぐでスタンダードボトルは、残りわずかの状態なので一概には言えないかもしれません。

味わいはスタンダードのザ・グレンリベット12年は蜂蜜の甘さ、柑橘系のフルーティさを感じます。あとは若干のビターさですね。そしてザ・グレンリベット12年イリシットスティルの方は、同じ柑橘系でも南国フルーツといったさらに甘味を感じる気がします。

やはり度数が高いイリシットスティルは味わいも濃厚ですね。それでいてアルコール感はさほど感じませんでした。

ストレートで飲んだ時は結構違いが感じられますね。ザ・グレンリベット12年イリシットスティル非常に美味しいです。

ザ・グレンリベット12年とイリシットスティル ハイボール比較

ハイボールにした際にはどちらとも爽やかな甘さとビター感がスッキリと美味しいです。こちらもザ・グレンリベット12年イリシットスティルの方が濃厚さを感じます。

ただハイボールで飲む場合、それほどの違いに感動があるかと言えばそうでもない気がしました。通常のザ・グレンリベット12年でもハイボールだと十分美味しいですし、イリシットスティルの方が甘味が強い気がするので食中酒として何かを食べながらだと通常の方がさっぱりと飲みやすいかな。

より甘いハイボールをという方はザ・グレンリベット12年イリシットスティルで楽しむほうがいいでしょうね。

どちらが好みだったか

イリシットスティルのストレート時の濃厚さは凄く美味しいですね。
これはちょっともう一本欲しくなるくらいには違いを感じました。ハイボールで飲む場合は、無理にイリシットスティルである必要もないかなというのが感想です。

例えばザ・グレンリベット12年をまだ飲んだことが無い方がザ・グレンリベット12年イリシットスティルを飲んだら「グレンリベットって凄く美味しいね」という感想で、まぁまぁ美味しいスペイサイドモルトに出会ったくらいの感動でしょう。

しかしザ・グレンリベット12年をよく飲む方がザ・グレンリベット12年イリシットスティルを飲んだら「美味い!これが良い!」という感激に変わる気がします。

今回のイリシットスティルはストーリーズという限定品の第一弾という事なので、第二弾まで何とか全部飲んでしまわずにイリシットスティルを残す方向で楽しみたいと思います。

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/