ダルウィニー-ディスティラーズ-エディションの味と特徴を解説

ディアジオ社所有の数多くある蒸溜所の中からボトリング前の3か月から半年ほど、元の樽とは異なるシェリーやワインの熟成などに使用された樽でカスクフィニッシュしたボトルが「ディスティラーズ エディション」シリーズです。

今回はダルウィニー ディスティラーズ エディションについてご紹介したいと思います。

ディスティラーズ エディションとは

スコッチの熟成樽で代表的なものは「アメリカンオーク樽」「ヨーロピアンオーク樽」が主流となっています。アメリカンオーク樽と言えばバーボンに使われる樽で、バニラやココナッツ、マンゴーなどのトロピカルフルーツやフローラルな風味が感じられます。

一方のヨーロピアンオーク樽はシェリー酒などの熟成に使われドライフルーツやシナモン等の風味が感じられます。

ディアジオ社のディスティラーズエディションはボトリング前の3か月から半年ほど、元の樽とは異なるシェリーやワインの熟成に使用された樽で後熟させ、新たな風味をウイスキーに加えています。

ダルウィニー ディスティラーズ エディションの味の特徴

ダルウィニー-ディティラリーズ エディション

ダルウィニーディスティラーズ エディションは、オロロソシェリーを貯蔵した樽でカスクフィニッシュ。

テイスティングノート:香りはフレッシュなシェリーの香りが、ダルウィニーのモルティーでハチミツのような香りを包み込む。ピーティーで、しかも驚くべきことにヘザーの香りも失われていない。スパイシーではあるが、ブドウを感じる。味わいはスパイシーな刺激に続いて、非常に明快な大麦麦芽の味わいが立ち上がるのがとても印象深い。一瞬に広がる甘みの後、豊かなブドウの味わいがフィニッシュに向かって広がっていく。余韻は兎にも角にもオークの味わい。バニラが際立ち、とてもとてもドライ。
引用元:ウイスキーの樽熟成とは | CLASSIC MALTS SELECTION

容量700ml・アルコール度数43度

ダルウィニー ディスティラーズ エディションのおすすめの飲み方

ダルウィニー ディスティラーズ エディションはストレートやロックで飲むのがおすすめです。

ダルウィニー15年もストレートやロックで非常に美味しいですよね。滑らかでソフトなタッチに蜂蜜っぽい甘味と少し柑橘系フルーツ、パンのようなやわらかな甘味が心地よいです。

今回ご紹介している「ダルウィニー ディスティラーズ エディション」は辛口のオロロソシェリーで後熟をかけているので、ワインを感じさせる甘味とスパイシーさ、オークを一番感じられるストレートがいいですね。ロックにしても特徴を感じつつも余韻にチョコ感を感じて美味しいです。

えのき商店STAFFより

ダルウィニー ディスティラーズ エディションはダルウィニー好きの方は勿論ですが、シェリー樽系のスコッチ好きの方にはおすすめできるボトルです。

ダルウィニー15年を飲んで好みだった方は、ダルウィニーの甘くて柑橘感もある特徴のモルト原酒がオロロソシェリーでフィニッシュすることで、どれほどのドライフルーツ感とスパイシーさの影響を受けているのか是非味わってみて欲しいです。

\おすすめダルウィニーはこちら/

グレンモーレンジ 18年
ロイヤルサルート-21年 青

榎商店の各店舗はこちら

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/