モートラック 21年 スペシャルリリース 2020の特徴を解説

モートラック蒸留所からのスペシャルリリース「モートラック 21年 スペシャルリリース 2020」。

今回はこのモートラック 21年 スペシャルリリース 2020はどんなウイスキーかご紹介いたします。

モートラック 21年 スペシャルリリース 2020の特徴

モートラック 21年 スペシャルリリース 2020

今回のモートラック 21年 スペシャルリリース 2020はアルコール度数56.9%でボトリング。ペドロヒメネスとオロロソシェリー樽で慎重に仕上げられています。

テイスティングノート

香り:まろやかで丸みを帯び、軽く香ばしくて、わずかなクエン酸のノート。
味わい:穏やかで超滑らかな質感。全体的に甘いドライフルーツ、チリペッパーの驚くようなキック。
余韻:完璧にバランスの取れた果物と香ばしいノート。

おすすめの飲み方

おすすめの飲み方はストレートがおすすめ。

ストレートでは滑らかな口当たりから広がるフルーティな甘味にピリッと感じるスパイスが心地よく感じられます。

少量の加水でさらに香りがフルーティで甘く広がるので、好みで加水するのもおすすめです。

モートラック とは

1823年に創業のモートラック蒸留所は創業当時ダフタウン唯一の蒸留所でした。現在もダフタウンの野獣という異名を持つ事でも知られています。

モートラックの特徴はその芳醇さと力強さです。甘さの中に浮かび上がるスパイシーさであったりミーティーさを感じる事とフルボディの酒質はまさにダフタウンの野獣の異名にふさわしいかもしれません。

モートラックのフラッグシップボトルは「モートラック12年」。甘くスパイシーで、モートラック伝統のミーティーさを感じさせる圧倒的な芳醇さと力強さ。ヨーロピアンオーク樽、アメリカンオーク樽の両方で熟成しています。

榎商店STAFFより

モートラック 21年 スペシャルリリース 2020は販売開始から結構経ってますので、入手は少し難しいですが素晴らしく評価の高いボトルです。

今回はアーカイブ的なスタンスでモートラックの素晴らしい限定ボトルをご紹介致しました。

榎商店でもモートラックの様々なボトルについて何か情報が入りましたらXでお知らせいたしますので、よろしければ榎商店Xアカウントのフォローをよろしくお願いします。

モートラック 21年 スペシャルリリース 2020 700ml 56.9度

 

キルホーマン・マキヤーベイ
グレンフィディック18年

初心者向けストレートならこれがオススメ!シングルモルト4選

中級者向けストレートで飲むおすすめシングルモルト6選

【2/9更新】本日のおすすめ商品はこちら

榎商店の各店舗はこちら

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています