ブルックラディ オーガニックバーレィ 2012 新着情報

ブルックラディ蒸留所からリリースされるノンピート「ブルックラディ オーガニックバーレィ 2012」がリリースされたようです。

今回は「ブルックラディ オーガニックバーレィ 2012」はどんなウイスキーかをご紹介いたします。

ブルックラディ とは

1881年ブルックラディ蒸溜所が創業、1994年にはJBB社がインバーゴードン社から買収するもその後に閉鎖。元ボウモア蒸留所のジム・マッキューワン氏とボトラーズのマーレイマクダビット社が中心となりJBB社から買収、そして2001年に再オープン。

ノンピートのザ・クラシックラディ、ヘビリーピーテッドのポートシャーロット、ウルトラヘビーのオクトモアの3種がリリースされています。

フラッグシップである「ザ・クラシックラディ」は、香りはフローラル、甘い大麦とかすかにミント、少量の水を加えると、キャラメリゼしたフルーツ、蜂蜜、レモンドロップ。味わいはさわやかで洗練されてる。オークと大麦の甘み、ブラウンシュガー、青りんご、梨。

ブルックラディ オーガニックバーレィ 2012に関して

ブルックラディ オーガニックバーレィ 2012

100%ファーストフィルバーボン樽で10年熟成熟成。

オフィシャルのテイスティングノートを引用します。(Google翻訳を使用しています。)

香り:乾燥した干し草、大麦わら、麦芽ビスケットで、鼻に明確なシリアルノート。オークのクレームブリュレ、ココナッツ、バタースコッチ、バニラの甘い組み合わせが続き、花の香りと甘いドライアプリコットと梨によって強化されます。

味わい:クリーミーな食感、スパイスの唐辛子のヒントに続いて花のヘザーハニーが続きます。穀物の麦芽の特徴が、暖かいスコーンと大麦わらの香り。アメリカンオークは、新鮮なバニラ、マジパン、ココナッツで、さらに甘さの層を追加します。水滴を加えると、果物とオークの影響が開き、熟したグーズベリー、梨、グレープフルーツ、甘いハニカムとファッジが明らかになります。

フィニッシュ:紛れもないモルティなスピリッツはフィニッシュ、オークのアーモンドとバタースコッチの香りが残る。

榎商店STAFFより

クラシックラディ同様にオーガニックも今回からボトルデザインがリニューアルされています。オーガニック、ミッドクール農場、パブロ品種が使われているのにも注目ですね。

オーガニックバーレイシリーズは数年に一度のリリースなんですが、有機農法を採用した大麦が使われ、他のラディシリーズとはまた違ったモルティさが楽しめます。

 

キルホーマン・マキヤーベイ
グレンフィディック18年

初心者向けストレートならこれがオススメ!シングルモルト4選

中級者向けストレートで飲むおすすめシングルモルト6選

本日のおすすめ商品はこちら

榎商店の各店舗はこちら

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています