ブルックラディ 18年 新着情報

ブルックラディ蒸留所のラディシリーズからいよいよ長期熟成「ブルックラディ18年」がリリースされます。

ファンも多いラディシリーズの待ちに待った長期熟成リリースの情報をお届け致します。

ブルックラディ とは

1881年ブルックラディ蒸溜所が創業、1994年にはJBB社がインバーゴードン社から買収するもその後に閉鎖。元ボウモア蒸留所のジム・マッキューワン氏とボトラーズのマーレイマクダビット社が中心となりJBB社から買収、そして2001年に再オープン。

ノンピートのザ・クラシックラディ、ヘビリーピーテッドのポートシャーロット、ウルトラヘビーのオクトモアの3種がリリースされています。

フラッグシップである「ザ・クラシックラディ」は、香りはフローラル、甘い大麦とかすかにミント、少量の水を加えると、キャラメリゼしたフルーツ、蜂蜜、レモンドロップ。味わいはさわやかで洗練されてる。オークと大麦の甘み、ブラウンシュガー、青りんご、梨。

ブルックラディ 18年の特長

ブルックラディ 18年

今回リリースされる「ブルックラディ 18年」は主に元バーボン樽で熟成された原酒を使用し、少数のソーテルヌ樽とポート樽熟成の原酒とヴァッティングしボトリング前の9ヶ月間マリッジさせています。

アルコール度数は50%でボトリング。

テイスティングノート

香り:熟した桃、スイカズラ、スミレ、ラベンダー、トーストしたアメリカンオークのバニラとクリームココナッツ、メロン、桃、アプリコット、トロピカルフルーツ。
蜂蜜、キャラメルバニラカスタード、クリームブリュレ。

味わい:蜂蜜、バタースコッチ、新鮮な果物、甘いシリアルノート、シロップに浸したお粥、大麦砂糖、トーストしたオーク。鮮やかなトロピカルフルーツと革のヒント、ハニカムの滑らかで甘いキャラクター。

フィニッシュ:オーク、ストーンフルーツ、繊細な花のブーケ。

榎商店STAFFより

いよいよお目見えしたブルックラディの長期熟成「ブルックラディ 18年」。気になったのはリリース情報のメールに書かれた「永久的な18年」との表記。

これはブルックラディ 18年が定番化でリリースされるという意味なんでしょうか?

またこのブルックラディ18年のカートンといいますか、包装といいますか、ボトルに巻きつけるようなタイプでデザインがものすごくオシャレなんです。

日本市場で販売開始されるのはまだ少し先にはなると思いますが、待ち遠しいですね。興味がある方はオフィシャル(英語)のリンクを掲載しておきますので、ご覧になってみてください。

榎商店でもブルックラディの様々なボトルについて何か情報が入りましたらXでお知らせいたしますので、よろしければ榎商店Xアカウントのフォローをよろしくお願いします。

 

キルホーマン・マキヤーベイ
グレンフィディック18年

初心者向けストレートならこれがオススメ!シングルモルト4選

中級者向けストレートで飲むおすすめシングルモルト6選

本日のおすすめ商品はこちら

榎商店の各店舗はこちら

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています