グレンスコシアの種類と味やおすすめの飲み方をご紹介

キャンベルタウンの数少ない蒸留所の一つである『グレンスコシア』。ここではグレンスコシアの種類やその味、オススメの飲み方からウンチクまでご紹介します。

グレンスコシアの歴史と蒸留所

現在キャンベルタウンにある蒸留所はスプリングバンク、グレンガイル、グレンスコシアの3つだけになっています。

グレンスコシアは1832年に創業し1930年に閉鎖、その後1980年代に巨費を投じて大改修がなされ再開しています。その後1984年に操業停止になります。

現在はロッホローモンド社の所有となり操業を行っています。

ポッドスチルは初留と再留のそれぞれ1基のみなんじゃよ
えのき先生
えのき先生

グレンスコシアの種類と味の特徴

グレンスコシアはキャンベルタウンの銘柄の中では入手しやすいんじゃ。ラインナップも豊富なんじゃよ
えのき先生
えのき先生

グレンスコシア キャンベルタウンハーバー

グランスコシア キャンベルタウンハーバー

100%ファーストフィルのバーボン樽で熟成された原酒を使用。潮の香りにラベンダーのようなフローラルさ、バニラの香り。フルーティでカスタードのような甘みがあり、海を連想させるピートの余韻を感じます。

容量700ml・アルコール度数40度

グレンスコシア ダブルカスク

グランスコシア ダブルカスク

アメリカンオーク樽で熟成した原酒をペドロヒメネスシェリー樽とファーストフィルのバーボン樽で後熟。リッチでスパイシーな味わいが強調されています。

容量700ml・アルコール度数40度

グレンスコシア 10年

 

グランスコシア 10年

ノンピートのモルト原酒をファーストフィルバーボン樽で10年熟成。柔らかな潮の香り、青い柑橘類、クリーミーなバニラ。伝統的なキャンベルタウンのモルトの特徴が感じられる。

容量700ml・アルコール度数46度

グレンスコシア 15年

グランスコシア 15年

瓶詰めの前に最上級のアメリカンオーク樽で熟成。潮の香と甘いドライフルーツの香り。柔らかでまろやかな口当たりにスパイシーでアロマティックな果実、バニラを感じる味わい。

容量700ml・アルコール度数46度

グレンスコシア 18年

グランスコシア 18年

リフィルバーボン樽とアメリカンオーク樽で熟成した原酒をバッティング。その後ファーストフィルのオロロソシェリー樽で1年間熟成。スパイシーさと潮の香り。オロロソシェリーの華やかさが感じられる。

容量700ml・アルコール度数46度

グレンスコシアのおすすめの飲み方

グレンスコシアのおすすめの飲み方は共通してストレートがおすすめ。

また若いノンヴィンテージのキャンベルタウンハーバー、ダブルカスクと10年はハイボールが美味しいです。そしてダブルカスク、15年、18年はロックに向いています。

熟成年数が長めのものやシェリー樽熟成はロックで、バーボン樽で若いものはハイボールがおすすめじゃ。
えのき先生
えのき先生

グレンスコシアの選び方

グレンスコシアのラインナップの中から選ぶ時は最初はグレンスコシア 10年がおすすめ。ノンピートですがグレンスコシアの特徴がわかりやすく、また様々な飲み方で楽しめます。そこからさらに15年や18年に進むのが王道かと思います。

ハイボールでしか飲まないよという方はキャンベルタウンハーパーがおすすめじゃ
えのき先生
えのき先生

えのき商店STAFFの意見

ラインナップが凄く充実しているグレンスコシア。最近良く見かけるような気がします。グレンスコシア10年はノンピート麦芽を使用しているので、ピート香が苦手な方にもおすすめできますね。

少しピートを感じる方が良いなぁという方は、ハイボール派ならキャンベルタウンハーパー。ロック派なら15年がおすすめですかね。

キャンベルタウンのシングルモルトが好きな方は入手しやすいのが最大の魅力かもしれませんね。

グレンモーレンジ 18年
ロイヤルサルート-21年 青

榎商店の各店舗はこちら

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/