グレンキースの種類と味わい

休止前のボトルが人気になっている『グレンキース』。ここではグレンキースの種類やその味、オススメの飲み方からウンチクまでご紹介します。

グレンキースの歴史と蒸留所

グレンキース蒸留所は1957年にストラスアイラの第2蒸留所として創設。1970年まではシーバスリーガルのキーモルトとしてブレンデッド用に製造していたのですが、1994年に初めてシングルモルト10年が市場に登場するも、2000年からウイスキー市場の低迷で生産休止。しかし2013年にリニューアルオープンを遂げる。

グレンキース蒸留所があるキースの町にはストラスアイラ、ストラスミル。そして郊外にオスロスク、グレントファース、オルトモアとかなりの激戦区。6つの蒸留所を合わせ「キース地区の蒸留所」と呼ばれています。

グレンキースの重要ポイントは2000年に生産を休止しているという事じゃ。今市場で出回り人気があるのは生産停止前のボトルが人気なんじゃよ。
えのき先生
えのき先生

グレンキースの種類と味の特徴

華やかでドライ、そしてフルーティーさ。軽やかな口当たりが特徴のモルトじゃ。
えのき先生
えのき先生

グレンキース1993 23年 ウイスキーマガジン エディターズチョイス

グレンキース1993 23年 ウイスキーマガジン エディターズチョイス

ウイスキーマガジンならではの独自のネットワークと専門家の目利きにより厳選されたハイクオリティーなシングルカスクモルト。

香りは洋梨、アプリコット、紅玉りんご、ゴールデンシロップの甘いアロマ。味わいはべっこう飴、バニラ、青りんごのチップ、スライスしたジンジャーの辛み。複雑な広がりから一転し、小気味よく切れ上がる変化の面白いシングルモルトです。

容量700ml・アルコール度数52.6度

グレンキースのおすすめの飲み方

グレンキース1993 23年のおすすめの飲み方はアルコール度数も52.6度と高いので、トワイスアップがおすすめ。またハイボールにしても爽やかな甘口で美味しいです。

私のおすすめはハイボールじゃ。ハイボールにしても甘い香りはしっかりと残り、飲みやすく軽い飲み口と少し感じるジンジャー感がいい。
えのき先生
えのき先生

グレンキースの選び方

グレンキースは上記でも挙げましたが2000年に生産を休止している以前のものが人気になっていて、なかなか一般市場でお目にかかることは珍しいです。

もし見つけたらウイスキーファンなら是非手にとってみたいですね。

グレンキースはなかなか入手しにくい上に、少し高額の感じがします。もちろんそれだけの価値は十分にあるモルトじゃが、初心者にはおすすめは出来んのぉ。
えのき先生
えのき先生

えのき商店STAFFより

市場に出回ってるボトルと希少価値、熟成年数の長さも含め若干高額な印象です。それだけ良いウイスキーとして間違いは無いんですが、一度は飲んでみたいという玄人の方は即買いを、初心者の方はお金に余裕があればという感じです。

最後に「グレンキース1993 23年 ウイスキーマガジン エディターズチョイス」に関して当店スタッフが解説動画をYoutubeにアップしていますので、是非ご覧になってください。

ウイスキー 商品一覧はこちら