ホイッスルピッグ

2007年にバーモンド州で創設されたホイッスルピッグ蒸溜所。
ライウイスキー好きの注目が集まるホイッスルピッグ。
ここではホイッスルピッグの種類やその味、オススメの飲み方からウンチクまでご紹介します。

ホイッスルピッグの歴史と蒸留所

ホイッスルピッグは2007年に設立された世界で最も多くの賞を獲得しているライ・ウイスキー ブランドで、「ライ・ウイスキーの良いところを大切に守り、無駄なものは排除し、より素晴らしいウイスキーのために革新を続ける」という理念を持って造られています。

2017年のサンフランシスコ ワールドスピリッツコンペティションにて、
最優秀ウイスキー( Best in Show) の称号を獲得し、世界でも注目を集めるライウイスキーの一つです。

権威ある「ワイン·エンシュージアスト」誌上、最も高得点を獲得したライ·ウイスキーのひとつなんじゃ。
えのき先生
えのき先生

ホイッスルピッグの種類と味の特徴

ホイッスルピッグのレギュラーボトルの3つを紹介しよう。
えのき先生
えのき先生

ホイッスルピッグ 10年 スモールバッチ·ライ

ホイッスルピッグ10年

香りはオレンジピール、キャラメル、アニスの香り。タバコや焦がしたオーク樽のニュアンス。味わいはライ·ウイスキー特有のスパイスやトフィーの風味を感じる力強い味わい。バニラやスペアミントのヒント。スパイス、トーストしたオーク樽、かすかなキャラメルの余韻が長く残る。

容量700ml・アルコール度数50度

ホイッスルピッグ 12年 オールドワールド·ライ

ホイッスルピッグ12年

アメリカンオーク樽で12年熟成の後、オールドワールドのワイン樽で追加熟成(マディラワイン樽 63%、ソーテルヌワイン樽 30%、ポートワイン樽 7%)

デーツ(ナツメヤシ)、レーズン、蜂蜜、マーマレード、アップルバイの香り。アプリコットと蜂蜜の後、ライ·ウイスキー特有の溌剌としたスパイス香と、プラム、キャラメルの風味が現れる。ほのかなミントのニュアンス。冬の果物、オーク香、ダークチョコレート、バタースカッチへと変化し、長い余韻として残る。

容量750ml・アルコール度数43度

ホイッスルピッグ 15年 エステートオーク·ライ

ホイッスルピッグ15年

サンフランシスコ ワールド スピリッツ コンペティション 2017年度最優秀ウイスキー(ベスト·ライ、ダブルゴールドも同時受賞)

香りはキャラメル、バニラ、オーク香に、オールスパイス、煙草のリッチな風味が加わる。焦がしたオレンジのヒント。味わいは温かくてクリーミー。バタースカッチ、シナモン、ナツメグ、クローブなどのスパイス、革、ダークチョコレートの風味。オーク、キャラメル、ライ·ウイスキー特有のスパイス香を感じる、温かみのある長い余韻

容量700ml・アルコール度数46度

ホイッスルピッグのおすすめの飲み方

ホイッスルピッグのおすすめの飲み方はストレートやロックがおすすめ。

またオフィシャルでも公開されていますが、ホイッスルピッグ 10年 スモールバッチ·ライはオールドファッションドのベースとしても最適のようです。

特に12年、15年はストレートで飲んで欲しいボトルじゃな。
えのき先生
えのき先生

ホイッスルピッグの選び方とおすすめする方

普段バーボンをよく飲まれる方やキュロなどのライウイスキーが好きな方に非常におすすめできるボトルです。ライウイスキーの特徴を十二分に持ち、さらに10年・12年・15年と熟成年数や使用する熟成樽の違いで風味の違いを演出しています。

10年はスモールバッチでカスクストレングス、12年はワイン樽の個性、15年は単純に熟成感が全然違います。

最初はやはりホイッスルピッグ 10年 スモールバッチ·ライからかのぉ
えのき先生
えのき先生

えのき商店STAFFより

ライウイスキーファンの方でホイッスルピッグの日本流通を心待ちにしていた方も少なくはないと思います。それほどに完成され評価も非常に高いホイッスルピッグは是非飲んでみたいですよね。

ライウイスキーの中でもトップクラスの熟成感や濃厚で複雑な個性を楽しんでいただけるのではないかと思っています。

グレンモーレンジ 18年
ロイヤルサルート-21年 青

榎商店の各店舗はこちら

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/